にゃんぶろ

備忘録代わりに色々書きます

オーディオ環境 AK100IIとSoundroid Typhoon編

前回に引き続き記録がてらオーディオ環境の紹介を続けていこうと思います。

飽きずに見てネ

 

 

 

 

Astell&Kern AK100II

f:id:mamamanax:20170102194959j:plain 

ついに買ってしまいました。iriver製品。(諸事情により公式画像)

 

前々から興味はあったんですがiTunesの呪縛に縛りつけられている自分には関係のない製品だと思ってたんですよね。高いし。

ハイレゾなんかに騙されちゃってだっせーww 韓国製なんてすぐ壊れんじゃねえのww 

なんて自分に言い聞かせて日々を過ごしてきたわけですが、先日日本に帰った開放感からかついつい日本橋の某Eの店で買ってしまいました。

だってみんなAK使ってるんだもん(自主性の喪失)

 

iriver製品もラインナップが増え、上は30マンほどするとんでもないやつから下は5マンほどのモデルまで様々。

今回はAK70の登場により型落ちとなったAK100IIを中古で46kで購入。新品でも54kでした。

店員のイケメンさんに「新品も底値でお買い得でございます」と笑顔で言われましたが中古で。

弾はたくさん有るので出来るだけキレイで使用感のないやつを選択。付属品もほぼ完品でケースも未使用。

余談ですがこいつには色んなコラボモデルがあって けいおんエディション だとか 花澤香菜モデル やらあります。

オタクにも優しい会社です。

 

音質は普通にいいです。いいですけど個人的にはiPod+Soundroidの方が好きです。

ドゥンドゥンした音圧が無いと物足りない身体にされてしまったので若干自分には物足りない。

なら何故買ったんだということですがやっぱり最大384kHz/32bit(ネイティブ192kHz/24bit)再生は魅力的で、一つくらいは身の周りに置いておきたいなあというその程度の理由です。

 

ハイレゾなんていう眉唾なモノに過度に期待してるわけでは無いのですが、やっぱり興味がないとは言い切れない。やっぱり聞いてみたい。

ってことでiriver直営ハイレゾ配信サイトgrooversで物色。正直ロクなラインナップでは…(grooversのせいというよりどこもハイレゾ音源なんてその程度)

クラシックで食指が動くものが全く無かったのでルンがピカッとしちゃう曲を購入。

うーん… DAPの違い以上の違いが分からない…

まあこんなもんですよね… 試聴の時はもっと魅力的に聞こえたのになあ…

 

ハイレゾにはがっかりでしたが、楽曲管理やらEQやら色々弄ってると楽しいので気分によって使い分けてます。軽いしね。

キレイにアートワーク並べてこの金属の機械に並べて音楽聞くだけで”所有欲”ってやつは満たされます。

 

こいつに前回紹介した4極バランス出力が付いていたがために我がオーディオ環境が大きく変わったのでした。

本当はこいつをメインにしようかと思っていたのですが、音質はiPod+Soundroidの方に軍配が上がったのでこいつはサブです。

 

 

欠点は音量を上げるつまみをひねると画面上にもボリューム画面が表示されるのですが、こいつをスマホのくせでスワイプで仕舞おうとすると一気にとんでもない音量まで上がってしまい耳が破壊されます。

とんでもないトラップが仕掛けられていますので注意。

 

 

 

Soundroid Typhoon

 

f:id:mamamanax:20170102203022j:plain

 

 

次は前回紹介したSoundroid Vantamの前モデルです。(諸事情)

これもアップサンプリング機能付きのポタアン。

こいつもサブで現役バリバリ(でした)。

 

東京に住んでいた頃、某Eの店がリナカフェ(死語)のあたりにあったころに一目惚れ(一聴惚れ?)して買ったやつです。

4年前だったかに買ってそれ以来今年の夏までずっとメインで、今でもサブに持ち歩いています。

 

基本的にはVantamよりスペックは下だし重たいしなんですが、こいつに乗っているテキサス・インスツルメンツ製 LME49860というオペアンプが中々に可愛らしくて魅力的です。

音の分離と音場、低音のバランスなんかがドンピシャで自分の好みでして正直Vantamより好きです。愛してます。

ネット上では評判が悪いようで「オペアンプ 交換」なんてGoogleでサジェストされるくらいです。でも僕は君の良さを知ってるからね(ヤンデレ

 

ただこんな僕でも擁護出来ないとんでもない欠点がありまして、Wi-Fiやら3Gやらとにかくなんでもかんでもノイズで拾っちゃいます。

こいつにくっつけてスマホ弄ろうもんなら耳が痛くなるくらいのノイズが鳴ります。

多少離しても右手と左手位の距離では余裕でノイズ拾うので大変困ります。

でもそんな欠点すら許せちゃうくらい好みです。

 

 

 

 

 

さっくり箇条書きで紹介しようと思ったのですが、うだうだ書いてると結構な長さになってしまったので今回はAKとTyphoonの紹介だけで。

自分のコレクション紹介となると周りが見えなくなってついつい喋りすぎてしまうのはオタク特有のやつですね。

めっちゃ早口で言ってそうって煽られるやつだこれ。

 

 

(追記)

この度、新しいカメラを買うためにドナドナされました。

某Eの店が大阪梅田にできたので3諭吉で。