にゃんにゃんぶろぐ

備忘録代わりに買ったものとか色々書きます

Windowsタブレット Xiaomi Mi Pad2 64GB を買った話

初投稿は先日購入したXiaomi製のWinタブ、Mi Pad2のレビューからいきたいと思います。 

f:id:mamamanax:20161027030615j:plain

 

所謂"中華パッド"と呼ばれるものの中では上級に位置するシャオミ製の製品だけあって高級感はなかなかいい感じ。

まあどう見ても林檎のPadの丸パk … もといインスパイアなのはご愛嬌ですが、製品としては大変良く出来ていて中華パッドもここまで来たのか…と感心してしまいました。

昨年購入した中華パッドデビュー機の Teclast X90HD が高解像度過ぎて扱いづらかったり液晶背面からの光漏れだったり今一歩オシイ端末だっただけに、高品質に使いやすくまとめられた Mi Pad2 が"ちょうどいい"ように感じられます。

今回はかっけーWinタブほっしいなあとなんとなく思ったのでWin版にしましたが、Android版もあります。というか本来はそっちがメインっぽいです。

 

では、開封の儀の前にスペックなどを簡単にまとめていきます。

 

 

・スペック・

 

OS:Android 5.1 / Windows 10 or デュアルブート(現在取り扱い無しっぽい?)

CPU:Intel Atom X5-Z8500 64bit Quad Core 2.24GHz

メモリ:2GB

ROM:64GB(Android版は16GBあり)

液晶:7.9 インチ  2048 x 1536  QXGA  326PPI   Retinaディスプレイ(自称)

バッテリー:6190mAh

カメラ:背面800万画素、前面500万画素

USB Type-C / Bluetooth 4.1

価格(Gearbestで):16GB(Android版のみ)      180ドル前後

                64GB(Android / Windows) 240ドル前後

 

 

欲を言えばメモリが3GB欲しかったところですが、それ以外は特に文句の無いスペックかと思われます。

ぶっちゃけiPad miniのOSが変わったやつだと思ってもらえばわかりやすいかと…

何気に嬉しいのはバッテリー容量で、Windowsタブレットの弱みである電池持ちも6000mAhあると特に気になりません。Android版だとまず困ることはないでしょう。

 

値段は中華パッドの中では高い部類ですが、廉価版iPad miniだと思えばかなり安い… この辺はみなさんの判断に任せます。

去年の年末辺りにデュアルブートverが出ていたようですが探してみた限り見つからず。

デュアルブートという響きに男の子心を擽られますが、実際はめんどくさくなってどちらかしか使わなくなるのがオチなので別にいいかな…

 

ガジェットオタクにはお馴染みのGearbestという中国の通販サイトで買うのが無難かと思われます。

中華サイトと聞くと反射的に身構えてしまいますが、支払いはPaypalで出来ますし中学生レベルの英語力さえあれば特に難しいことはありません。

当方ヨーロッパに住んでいるのですが、こちらのAmazonよりも全然信用できるし仕事も速いです… グッジョブ アジア人

 

 

・開封の儀・

それでは開封の儀

 

f:id:mamamanax:20161027030452j:plain

 

今回は日本で受け取ったので佐川急便がDHLの代理で届けてくれました。

注文時にオプションで3ドルほどの速達を選ぶと日本には2日くらいで届けてくれます。地方だともう少し速達料を取られるらしいので事前にチェックしとくと安心です。

余談ですが、発送時にこのパッケージの写メが送られてきてサービスが細かいなあと関心しました。中国だと実際には発送せずにお金だけちょろ魔化されたりすることがあるからその為の証明なのかな…?

どう見てもGearbest内の担当者のデスクだと思われるところに置かれた素敵な写メが届きますので楽しみにしておきましょう。

 

f:id:mamamanax:20161027030502j:plain

 

ダンボールにゴソッとした感じで入れられてるのはご愛嬌。DHLでアジア内の物流なら壊されることはまず無いでしょう。

 

f:id:mamamanax:20161027030513j:plain

 

中身は普通。

ちなみに背面の警告やらWindowsやらIntelのシールはフィルムに貼り付けられているだけなので簡単にペリペリっと外せます。ペリペリっと。

 

f:id:mamamanax:20161027030542j:plain

 

説明書?保証書?

これいる?ってレベルの紙切れたちですが中華な雰囲気は感じられるのでGood

小米平板三包ってなんか美味しそうな響きですね。点心にありそう。

中華パッド買っといて何ですが、充電周りだけはどうも信用できない(私だけ?)のでケーブル類は自前のUSB Type-Cを使っています。燃えたら嫌だからね、仕方ないね。

 

f:id:mamamanax:20161027030558j:plain

 

f:id:mamamanax:20161027030615j:plain

 

Amazonで適当に見繕ったガラスフィルムを貼って電源投入。おお、美しい。

ちゃんと外身は金属製です。

 

f:id:mamamanax:20161027030608j:plain

 

初めから英語設定でログイン状態になっているので設定から日本語に。なんとなく反応が怪しかったんですがアプデしたら安定しました。

ちゃんとBluetoothキーボードも受け付けて問題なし。

 

Android版だとカスタムMIUIがインストールされているのですが、Win版はほんとにただのWindows10なので特筆することはなし。普通に使えます。

 

f:id:mamamanax:20161027030626j:plain

 

f:id:mamamanax:20161027030635j:plain

iPad mini2と比較。まあぱk…インスパイアしたので当たり前っちゃ当たり前ですが、サイズもそのまんま。色はMi Padの方がちょっと薄いかな?

電源ボタンの位置くらいですね違いは。

個人的に寝ながらでも片手持ちでも使いやすい7.9インチタブレットは大好きなのでiPad miniが好きな方にはおすすめです。

普段使っているRobinもUSB Type-Cなので使いまわせて大変よい。

中華パッド特有の戻るボタンが右側なのは仕方ないですね。でもこれなんで?

 

f:id:mamamanax:20161027032810j:plain

 

iPad mini 2 と並べてみました。

サイズ的にはぴったりですがマグネットが張り付かないのでアップル風呂蓋は使えません。

でも蓋を剥がすと画面が付くのでマグネットのセンサーは付いてるようです。謎。

シャオミ純正カバーならうまくいくんでしょうかね。

 

 

・実際に使ってみて・

 

ベンチマークやらなんやらは色んな人がやってるので割愛。決してめんどくさいからではありません。ありません。

Antutuでは8万点くらいだそうです。

僕はオタクではないのでよく分からないのですが艦これもツクール系のゲームも問題なく動いてくれますね。オタクではないのですが。

Android版がリリースされた現在、艦これ目的でWinタブを選ぶ人は減ったのではないかと思いますが、ブラゲーだったりエミュだったりその程度の使い方では全く問題ありません。

本体温度も許容範囲ですね。X90HDはお湯湧かせそうなくらい発熱してたのでこれはありがたい。

 

・不満点・

 

大満足!満点! といきたいところですが一点だけ。

iPadリスペクトデザインの代償としてSDカードスロットがありません。

これは母艦と端末という発想のないWindowsタブとしては致命的で、母艦PCからデータ移動する手段がクラウドサービスくらいしかありません。

大容量データの映画アニメの転送なんてクッッソめんどくさいので、それらの試聴には素直にiPadやらAndroidタブを使いましょう。(そもそもWinタブをそういう目的に使っている人はいるのだろうか)

元々がAndroidタブとして作った端末だけどついでにWin版も作っとくか的な感じで出来ちゃったものなので、その辺を責めるのは可哀想かとも思います。

 

 

・まとめ・

 

ダラダラと書いてきたわけですが、要は結構いい感じやでということです。

重ねて言いますがデザインも質感もiPad miniそのものです。

iPad miniの中身が泥か窓に変わんねえかなあ…」という人は買いましょう!

 

私は今まで無駄遣いを繰り返してきた経験から

「中身が良かろうが外身がダメだと絶対に飽きる」

という個人的な電化製品選びの信条があるので今回はMi Pad2を選びました。

 

初レビューで無駄に長い割に内容のない記事になりました。ごめんなさい。

 

 

 

後日談

 

nyanyannyan.hatenablog.com